シガーライターソケットから”車のバッテリーを”充電できるモバイルバッテリー

現代の車は電子化が進み、駐車中でも電力を消費しているので、長期間放置するとバッテリーがあがってしまうこともある。
そうなるとJAFを呼ぶか他の車のバッテリーと自車のバッテリーをブースターケーブルで直結する等しないとエンジンがかからなくなってしまう。
そんな時に簡単にバッテリーを充電できるモバイルバッテリーがamazonで販売されている。
Lumsing カーバッテリー 充電器 12V車用 自動車 バイク バッテリーチャージャー 13500mAh モバイルバッテリー(ブラック)
B01M5DC5JP
このバッテリーは5Vと12Vの出力を持ち、アダプターを介して車のシガーライターソケット(最近は”アクセサリーソケット”と呼ぶらしいが)にプラグを差し込むことで車のバッテリーを充電することが出来るというもの。
説明によれば30分ほどの充電でエンジンをかけることが可能になるらしい(ただし12V車限定)。
そしてエンジンが始動すると反対にモバイルバッテリー側に充電することも可能なので、走行しながら消費した電力を充電しておけば再度バッテリーが上がってもそのまま車載側のバッテリーに充電することが出来る。
というか、そんなにバッテリー上りが起きるようならバッテリー自体が寿命なのかもしれないが。

5Vの出力を持っているので、スマホやタブレットの充電にも使える。
万が一に備えて持っておくのも良いかも。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す