ファイターズ、逆転勝ちで首位を追走!

昨夜西武プリンスドームで行われた埼玉西武対北海道日本ハムファイターズの第22回戦は4-7でファイターズが逆転勝ちをした。
これで今季の対西武戦の対戦成績は13勝9敗となり、対オリックス戦・対ソフトバンク戦に続き今季の勝ち越しが決まった。
また勝利数も72になり、引き分けが1つあるために残り試合に全敗したとしても72勝72敗1分となるために今季の負け越しが無くなり、八月(26試合)の成績も14勝9敗となり月間の勝ち越しも決まった。

この試合、先行したのはファイターズだが、二回に先制した直後に同点に追いつかれ、三回には3点を勝ち越されてしまう。
それでも五回には2安打と敵失で得た無死満塁の好機にレアードが8試合ぶりとなる今季初の満塁本塁打を放ち一気に逆転。
先発の高梨は4点を失うも六回一死と逆転した後まで投げ、四球を出したところで勝ち投手の権利を持っての交代となった。
試合は六回から八回まで両チーム無得点で1点差のまま最終回に入り、九回表にファイターズが代打の大谷と四番の中田に連続本塁打が出て2点を追加し試合を決定付けた。
九回裏はマーティンが0点に抑えて試合終了。

首位のソフトバンクもロッテ相手に勝ったため首位の入れ替わりは無かったが、ファイターズはとにかく毎試合勝ってついて行かなければならない。
今日も勝って開いて本拠地でのカード勝ち越しと行きましょう!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す