連勝!!!

プロ野球は昨日からセ・パ交流戦に入っている。
地元の北海道日本ハムファイターズは札幌ドームにセリーグ首位の読売を迎えての2連戦。
昨日の初戦は打線が爆発して16対6の大勝。今年のファイターズの戦い方を象徴するような派手な勝ち方だった。
3点を先制されるも相手守備の乱れから得たチャンスを生かしてあっさり逆転し、その後も打ち続けさらには相手のエラーにつけ込み着々と加点し快勝。
今日は1点先制された後すぐに逆転したが、再逆転されてしまった。
それでも5回の攻撃で先頭の田中賢介が左前安打(というか左翼手ラミレスのまずい守備)で出塁すると、すかさず森本ひちょりの犠打で2進。
3番稲葉の当たりは平凡な左飛だったが左翼手の捕球動作が緩慢なのにつけ込んで2塁走者の田中がタッチアップから3塁へ進塁。
次打者4番小谷野の時に投手のワイルドピッチで生還し同点に追いつくというファイターズらしいところを見せてくれた。
実は5回の読売の攻撃時に1死2・3塁というピンチがあったが、打者三振時に飛び出していた3塁走者(売り出し中の坂本)を鶴岡がけん制で刺して事なきを得ている。
6回にも打者三振時に1塁走者(先制本塁打を打ったイ・スンヨプ)が盗塁を試みるもまたもや捕手鶴岡が好送球で刺殺し勝ち越しを許さなかった。
6回裏には高橋信二・代打ヒメネスの2者連続本塁打であっさり勝ち越し。
6回から登板の林(今年読売から移籍)が7回につかまり1点を返されるも、建山がラミレスを三振に切って取りリードを守り、8回も抑えて最終回の武田(久)につなぐ。
その武田(久)は2死をとるが、坂本、小笠原に連打を浴び2死2・3塁のピンチを招くと、相手打者は4番のラミレスというピンチに。
それでも外角低目へのストレートとスライダーで空振りを取り追い込むと2-2からの5球目(だったと思う)も外角低めへのストレートで見逃しの三振を奪いゲームセット。
安定しない先発のスィーニーを6回途中から救援した林に今シーズン初勝利が付き、抑えの武田(久)は10個目のセーブをあげた。
結果的に5回に安打1本でもぎ取った1点が効いた形になった。
このような相手の小さなミスにつけ込んでいければ結果は着いて来るのではないだろうか?
10月に美酒を味わうことができるのはファイターズだと思いたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す