「ハイスクール・フリート」第一話

女子高生と戦車の組み合わせがガルパンならば、女子高生と艦艇の組み合わせが「ハイスクール・フリート」。
この点だけ見ると二匹目の泥鰌を狙っているようにしか見えないな(笑)。
 
タイトルは第一話の最後に「ハイスクール・フリート」と表示されるまで「はいふり」とされていた。
で、いざ放送が始まってみると、第一話では時代背景等があまり明らかにされていないので、正直「うーん???」と首をかしげるところが沢山ある。
登場する女の子たちも性格にもかなり問題がありそうな子が多いんだけど、この辺りはそれこそガルパンと同じなので見る方がその内慣れてしまうかな?
まぁ他にもツッコミどころは沢山あるけど、基本的に考証はしっかりしているように思える。
艦艇の描写もフルCGで動きにもあまり不自然さは感じられないし、「艦長」という台詞のイントネーション等においても。
戦闘艦艇のCG描写というとストパンとかアルペジオとかがあって、戦車よりは見慣れているというのもあるのかも(私は「艦これ」は見ていない)。

ガルパンの成功で戦車ひいては陸自に対して興味を持つ若い人が増えたので、海自や海上保安庁が同じ効果を期待しているのかもなぁ(笑)。
【Amazon.co.jp限定】ハイスクール・フリート 1(メーカー特典:「描き下ろしイラスト A3クリアポスター」付)(全巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
B01DZ8N57S

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す