ガルパン劇場版、18億円突破!

映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」の興行収入が18億円を突破した。
公式ブログ及びtwitterの公式アカウントで発表されたもので、それによると4/4(月)の時点で累計動員:1,096,617人、累計興行収入:1,805,276,384円に達したとのこと。
3/15に動員100万人、興行収入15億9800万円に達してから3週間で約9万6千人&2億円以上の上積みがあったことになり、この期間の客単価は単純計算でおよそ2162円弱。
つまり4DXの料金による単価の上昇が大きく影響しているわけだ。

1/16の記事”「劇場版ガルパン」、興行収入九億円を突破!”に書いた深夜アニメの劇場版の興行収入上位3本、
1.「ラブライブ!The School Idol Movie」(約28億円)
2.「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 -叛逆の物語-」(約20.8憶円)
3.「映画 けいおん!」(約19億円)
の内、3番目の「映画 けいおん!」を抜くのも現実味を帯びて来たどころか、2番目の「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 -叛逆の物語-」を抜くのも夢では無いかも?
さすがにラブライブを抜くにはあと10億円以上の上積みが必要なので難しいかな。
ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]
B01BMBSO9Y

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2016 年 4 月 6 日 at 10:38 AM -

    かなり成績に寄与している千歳です。

    非公式ながら、こんな記録も打ち立てそうです。
    ・邦画歴代アニメ映画料金平均単価歴代一位
    ・邦画歴代映画料金平均単価歴代一位(興行収入10億以上)
    ・邦画、洋画興行収入10億以上映画料金平均単価歴代一位

  2. tan

    on 2016 年 4 月 6 日 at 11:35 AM -

    >千歳さん
     平均単価は高いですよねー、先の数字から単純計算すると約1,646円ちょっとになりますね。
     2015年の全映画の平均単価が1,303円と発表されているので、それを大幅に上回っています。
     やはり4DXの+1,000円は大きいですね。

コメントを残す