「EOS-1D X」の二丁掛けか!

先日雪まつりの会場に行った際にカメラマン(らしき人)を見かけたが、その装備がなかなか凄い。
カメラはCANONのフラッグシップモデル「EOS-1D X」で、しかもそれを2台もぶら下げていた。
レンズは白い大砲(おそらく「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」辺りの望遠ズーム)と、黒地に赤いラインの入ったズーム(「EF24-70mm F4L IS USM」辺り?)だった。
凄いなぁ、あれら全部合わせると何Kgの重さになるんだろう?
よく首から下げて歩けるなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す