「EOS-1D X Mark II 」の画像がリーク

CANONが週明けの2/1-2頃にも発表すると言われている新フラッグシップ機「EOS-1D X Mark II」の画像がリークされている。
またスペックもリークされており、それによるとセンサーはダイナミックレンジを改善した20.2MP CMOS センサーで、AFポイントは現行と同じ61点ながら範囲が広がり全てがF8に対応するらしい(61点中41点はクロスセンサー)。
またお得意の”デュアルピクセルCMOS AF”も搭載なので動画撮影時のAFに有利で、その動画は60フレームの4K対応だとか。
映像エンジンは最新のDIGIC6+をデュアルで搭載。
連写速度はライブヴュー時で最高16コマ/秒と高速(ファインダー時は不明)。
ISO感度は不明だけど、リークされた上面写真を見ると51200の設定がされており、それで桁が一杯になっているので102400の設定は出来ないかも(あったとしても拡張扱い)?
またGPSを内蔵するとのことでペンタプリズムのてっぺんが盛り上がっているのは少々奇妙(ちょんまげ?)に見える。
地味なところでPCとのインターフェースのUSB端子が3.0対応になっているのでファイル転送が速くなっていると思う。
スペック全体を見ると先に発表されたNIKONの「D5」に劣っているように見えるけど、これは実際に使ってみないとなんとも言えない部分が多いと思う。
と言っても私が買える様な代物では無いけど(苦笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

コメントを残す