「EOS M10」が北米Canonのショップサイトに登場・・・後削除された模様

北米のCanonのショップサイトに未発表の「EOS M10」が掲載され、その後削除された模様。
削除前のページにはスペック情報が掲載されていて、それによるとAFは「ハイブリッドCMOS AF II、49点、顔認識、トラッキング」となっていて、最新の「ハイブリッドCMOS AF III」では無いらしい。
AFポイントはM2の31点から49点に増加しているが、システムそのものは同じと言うことはセンサーはM2と同じモノを流用か?
映像エンジンは最新のDIGIC6。
写真を見るとホットシューが無くなりストロボは内蔵されていて、そのためEVFの装着は出来なくなった模様。

スペック全体を見るとやはりM3の下位シリーズとなるみたいで、特に目新しいことは無さそう。
ターゲットは一眼初心者としているようで、操作系のボタンも少なくコンデジ感覚で使えるミラーレスということになりそう。
オリンパスで言うところのPEN miniみたいなシリーズになるのかな?
となると後は価格だけど、安く無ければ売れないだろうし、安くなればヒット商品になるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す