lpdでプリンタに接続できない

linuxで運用しているサーバにプリンタを追加してlpdサービスを再起動したらネットワークプリンタに接続できなくなってしまった。
印刷にはlpdを使用しているので、/etc/printcapに新しいプリンタの定義を追加して、/etc/rc.d/init.d/lpd restartをして、/usr/sbin/lpc restart プリンタ名を実行したところ、
/usr/sbin/lpc: connect: Connection refused
couldn’t start daemon
となってしまいプリンタに印刷データを送れなくなってしまった。
追加したプリンタだけならまだしも、定義しているプリンタ全てに対して同様のメッセージが出て印刷できない。
このサーバは印刷の為だけに使っているサーバなのでrebootもしてみたが症状に変化は無かった。
何故なのか判らないので悩んでいたら、一部のプリンタから印刷が出始めたと連絡があり、その後順次復旧した。
以前にも同じ現象が他のサーバで発生したことがあり、その時はlpdプロセスが余分に動いていたので止めたところネットワークプリンタに接続できるようになったことを思い出した。
今回も同じだったのではないかと思うが、なにもしないで復旧したので確かなことは判らない。
次回は余分なlpdを止めることから始めてみよう。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す