USB3.1に対応した外付けデバイスが初登場!

USB3.0よりも高速な規格であるUSB3.1に対応したデバイスが初めて市場に搭乗した。
玄人志向の外付けHDDケース「GW2.5FST-SU3.1」がそれで、2.5インチのHDD/SSDを一台内蔵できるケースだ。
これまでUSB3.1に対応したマザーボードやインタフェースカードはお目見えしていたが、肝心なデバイスが未発売だったので、これでようやくUSB3.1を使えるようになったというわけだ。
USB3.1は最大転送速度10GbpsとUSB3.0の2倍になっているので、内蔵するのもHDDでは意味が無く、実質的にSSD専用となる気がするがまぁそれは・・・。

このケースに「CSSD-S6T256NHG5Q」(リード最大530Mバイト/Sec、ライト最大490Mバイト/Sec)というスペックのSSDを組み込んだベンチマークでは、シーケンシャルながらリード/ライトともほぼスペック通りの525.3Mバイト/Sec(リード)、500.8Mバイト/Sec(ライト)の速度を出したようで製品の販促用ポスターに誇らしげに掲載されている。
・・・500Mバイト/Secで書き込めるSSDも凄い・・・
今まではこの速度を出すにはSATA3.0接続で内蔵しなければならなかったが、この製品だと外付けでこの高速を実現しているのは凄い。
大容量のデータを外付けSSDで持ち出すとか、バックアップ等の用途には現状では最適かも(個人でiSCSIとかのストレージを使う人はそんなにいないよね?)。
実売で3,000円前後の価格も嬉しいかも。

玄人志向 2.5インチHDD/SSDケース USB3.1 Gen2対応 GW2.5FST-SU3.1
B00VUYGX8I

また3.5インチHDD対応製品も近日登場予定となっている。

玄人志向 3.5インチHDDケース USB3.1 Gen2対応 GW3.5FST-SU3.1
B00VUYGXQK

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す