チョットだけ乗り鉄 その3

出張最終日の昨日は移動だけだったので、ちょっとだけ乗り鉄してきた(汗)。
昨日は途中の押上までの分を書いたのでその続き。

押上からは都営浅草線に乗り換えて蔵前まで行ったが、これは蔵前から都営大江戸線に乗り換えるため。
大江戸線には開業前から関係していた(「大江戸線」と決まる前だったので単に「12号線」と呼んでいた)が、実は今まで一度も乗ったことが無く、一度は乗ってみたかったのでこの際乗ることにした。
路線図を見ていると蔵前で浅草線から乗り換えることが出来るようになっていたのが、実は蔵前駅はつながっていなくて一度地上に出てからの乗り換えだった(汗)。
それでも地上には案内板が設置されていて道順が判り易かったので迷いもせず乗り換えが出来たのは助かった。

蔵前で無事に大江戸線に乗り換えて向かったのは大門。
乗車およそ20分で大門に着いた。
それにしても大江戸線の車両は乗り心地が良かったなぁ、これはリニアモーターによる可減速が滑らかなのと、車両が小型化されているためか?

またまた続く。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. ちょろ

    on 2015 年 2 月 20 日 at 2:08 PM -

    ミニ規格なのでちょっと狭い感覚がするのとカーブの多さ(と騒音)は気になりますけれど。
    新宿~光が丘間は直線多くてアップダウンがホームから見えるのでリニアモーターの粘着力を活かしているなと感じますね。

  2. tan

    on 2015 年 2 月 20 日 at 2:18 PM -

    >ちょろさん
     たしかにカーブがきついところが多いですけど、座っていたのであまり感じませんでしたね(立っていれば実感できたでしょうが)。
     今度行ったら全線乗ってみたいところです。

コメントを残す