言葉の言い換え

今日放送されていた報道番組でタカタ製のエアバッグの不具合を理由とする国産車メーカーによるリコールに関して特集していた。
その内容は今までに報道されている内容と矛盾することも無く、特に問題があるとは思えなかったが、一点気になったのがキャスターによる言葉の言い換え。
カージャーナリストがゲストとして呼ばれて今回の件に関して解説していて、エアバッグを瞬間的に膨張させるためのインフレーターに使われているものを”火薬”と言っているのだが、キャスターはその”火薬”というところを”爆弾”と言い換えていた。
どちらも爆発するものだけど、視聴者が受ける印象はかなり異なる言葉だと思うし、そもそもインフレーターを作動させるものを”爆弾”と呼ぶのは誤りだ。。
この点だけでもマスコミは嘘をついてでも視聴者の印象操作を目的としていることが判る。
なんで、わざわざ悪印象を与えようとするのだろう?ホント!どうしようもないなぁ!!!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す