Seagateが8TBの出荷を開始

Seagateが現時点で最大容量となる8TBのHDDを特定顧客向けに出荷を開始したと発表した。
現在市場で入手可能なHDDの最大容量は6TBだが、今回はこれを上回る容量の製品となるが、先にも書いたように現在は特定顧客向けのみなので、当面は一般には流通しないと思われる。

一本あたりの容量が増えるのはありがたい反面、万が一クラッシュした時の被害が大きくなるという欠点もある。
複数のHDDでRAID6構成にすればその欠点もカバーできるので、単品で使うよりもNAS等に搭載するような用途には向いているのでは。

また大容量のストレージを構成する際には一本あたりの容量の大きいほうが必要な本数も減り、同じ本数の場合はより大きな容量を実現出来る。
HPやDELLでは現在4TBのHDDを使ったストレージはラインナップされていないが、もうじき製品として出てくる見込みなので、しばらくすると6TBや今回発表になった8TBのHDDを組み込んだ大容量ストレージが出てくることが期待できる。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す