メーカー純正(プリインストール)のソフトが邪魔していた?

Windows7で「システム修復ディスク」が作成出来ない(作成用プログラムが落ちる)原因を探していたら、メーカー(今回はDELL)のサイトになにやらそれらしいことが・・・
DELLのサポート情報で「システム修復ディスク」をキーワードに検索すると、以下の項目が一覧のトップに出てきた。
-------------------------------------------------------
【 Windows 7 】 エラーメッセージが表示され、「システム修復ディスクの作成」を完了できない場合の対処方法
… 現象 スタートメニュー → メンテナンス → 「システム修復ディスクの作成」を選択すると… ※ コントロールパネル → バックアップの作成 → 「システム修復ディスクの作成」を選択しても同様にエラーが発生します…and Recovery 」 をアンインストールしてから、システム修復ディスクを作成します。 原因 Dell Backup…
-------------------------------------------------------
残念ながら詳細な内容を見ようとすると
「記事が見つかりません
選択した文書は、現在利用できません。後でもう一度試してください。」
と表示されて読むことが出来ない。
それでも先の一覧に表示された文章の中に
「…and Recovery 」 をアンインストールしてから、システム修復ディスクを作成します。 原因 Dell Backup…」
という文言が読めるので、駄目元でプリインストールされている「Dell Backup and Recovery」をアンインストールしてみることにした(既にファクトリバックアップディスクの作成は終っているので)。
プログラムのアンインストールの中を見ると件のプログラムが二つあり、片方は「Dell Backup and Recovery」もう片方は「Dell Backup and Recovery サポートプログラム」となっている。
試しに「Dell Backup and Recovery サポートプログラム」のほうをアンインストールするとシステムの再起動を要求されたので素直に再起動。
再起動後に「システム修復ディスク」を試してみると今度は問題無く処理が始まり、ブランクディスクを入れると無事に「システム修復ディスク」の作成が出来た。
つまり今回のトラブルはDELLのアプリケーションである「Dell Backup and Recovery サポートプログラム」が原因だったということになりそうだ。
ちなみに「Dell Backup and Recovery サポートプログラム」をアンインストールしても「Dell Backup and Recovery」は問題無く起動し、バックアップの処理も出来そうな雰囲気ではあった(実際に試していないのでなんとも言えないが・・・)。

DELL製のWindows7がプリインストールされているPCで「システム修復ディスク」の作成が出来ない方はお試しあれ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す