懐かしいぃ~

昨日札幌市内を移動中に懐かしいバイクを見かけた。
それは1979年に発売されたKawasakiのZ400FXで、国産400ccバイク初の4気筒DOHCエンジンを搭載したモデル。
当時は中型免許しか持っていないライダーに人気を博したモデルだ。
同じ400ccクラスではホンダがCB400Fを発売したのが先だが、こちらのエンジンは4気筒でもカムシャフトが1本のSOHC(それでも凄い人気で、今でも程度の良い中古車が高値で取引されているほど。余談だが学生時代に同学年の友人が乗っていた。)。
このFXの発売後スズキはGSX400Fを、ヤマハはXJ400をそれぞれ出したが、ホンダはCBX400Fを出すまでしばらくの間ホークII/III(共にSOHC3バルブ2気筒エンジン)でお茶を濁していたなぁ(笑)。

昨日はチラっとしか見ることが出来なかったが、かなり綺麗な状態だったので、持ち主が丁寧に乗ってきちんと手入れしているんだろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す