Ridoc Desk Navigatorが落ちる現象

昨日の朝
「Ridocがおかしいんです。」
という連絡が来た。
現象を訊くとサーバ内のフォルダ間でデータを移動(配信)しようとするとビュワーが落ちてしまうと言う。
自分で使っているPCで試しても現象が確認出来たが、この時にはネットワークの不調の影響かと思っていた。
その不調も同日中には解消される予定になっていたので、それまでの間は我慢して貰うようにお願いした。
その後Ridoc Document Routerを動作させているWindowsサーバを移設し無事に稼動を始め、さらにネットワークの不調もL3スイッチの再起動を行ったことで解消されたのでRidoc Desk Navigatorの問題も解消されたと思っていた(他の部署からは不調の連絡が一切無かったためにそう思っていた)。

ところが夕方になってから再度不調の連絡が来たので、再度自分のところでチェックしたところ問題は解決しておらず、原因がネットワークには無いことが判ってきた。
ソフトの不調を疑って自分で使っているPCのRidoc Desk Navigatorを再インストールしてみたが、全く改善されない。
試しに他の部署で同じRidoc Desk Navigatorで配信の作業をしてみると全く問題なく行えることが確認されたので、サーバ側の問題でも無いことがはっきりした。

落ちるのはRidoc Desk Navigator(RExp.exe)とそこから起動されるビュワー(REviewer.exeだったかな?)の両方で、どちらもサーバ内のフォルダから他のフォルダにデータをコピーする際の配信処理で落ちる。
落ちたときの詳細情報を見ると、どちらも同じDLL内で異常が発生している。
これはどちらの実行モジュールも配信処理は同じDLLを呼び出して行っているということを示していて、そのDLLが何らかの原因で異常終了してしまうということだ。

いろいろ調べていくうちに問題なく動作するPCではRidocサーバの名前解決が出来無いことに気付いた。
問題が発生するPCには最新版のhostsファイルを入れてあり、そこにはRidocのサーバ名に対して違うIPアドレスが記述されている(近々に新しいサーバに変更する予定があるため)。
試しに自分で試しているPCのhostsファイルのRidocのサーバ名のエントリーを削除したところ配信処理を行った時に発生するエラーの内容が変わった。
エラーが変わっただけで処理が出来ないことには違いないので、今度はRidocのサーバ名のエントリーに正しいIPアドレスを書いたら今度は問題無く配信処理が出来るようになった。
原因がhostsファイルの記述にあることが判明したので連絡をくれた人のPCでも同様にhostsファイルを書き換えたところ、無事に配信処理が出来るようになった。

最初から名前解決出来ないPCでは問題が無く、間違った名前解決をするPCでは名前解決を出来ないようにしても異常が解消しないと言う点には疑問が残るが、とりあえず問題が解決して良かった・・・・・

それにしても名前解決が出来ない状態でどうやってサーバにアクセスしているんだろう?と思うが、Ridoc自身がどこかにIPアドレスを覚えこんでいるんだろうと推測できる。
#基本はNet BEUIで名前でアクセスして、別ネットワークにあるような場合にはIPアドレスでアクセスしに行くのだろう。

今回の現象はRidocが覚えているIPアドレスと、hostsに書いてあるIPアドレスが食い違った場合の処理になんらかの不具合があることで発生したと思われる。
メーカーには対処をお願いしたいところだが、既に終息している製品なので対処はしてくれないだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す