More from: パソコン

キャリブレーション・・・

以前妻用に買ったWindows10のタブレットを私が使うことになり、ユーザーの追加をしていた。
まずは立ち上がっているソフトを終了させようと右上のクローズボタンを押そうとしたら、画面の右上の端がタップできないorz。
右上をタップしても少し内側がタップされてしまいクローズボタンを押せない。
どうもタッチパネルの調整が上手くされていない。
キャリブレーションをし直さないとならないんだけど、設定画面のマウスの項目には無いので方法が判らない(汗)。
ちょっと調べてみるかぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

頻繁に更新されるな

先だってWordPressが5.0になってデフォルトのエディタが変更になった。
そのエディターが使い難いので”Classic Editor”というプラグインを入れて以前と同様に記事を書けるようにしている。
この”Classic Editor”が今日もアップデートされたようで更新したが、既にバージョンが1.3に上がった。
先週入れた時には1.0だったのになぁ(汗)。
使用するユーザーが増えていろいろ修正が必要になってきたのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

戻った戻った

先の記事でWordpressの投稿用画面(エディター)が新しく(Gutenberg)なって使いにくいと書いた。
そこで元のエディターに戻せないかググって見たらすぐに対処法が見つかった。
エディターを元に戻すには「Classic Editor」というプラグインをインストールすれば良いらしいので、ダッシュボード内のプラグインから早速探してインストール。
インストール後に有効にするとあら不思議、エディターが元に戻っている(笑)。
新しいのにも慣れなくてはいけないんだろうけど、しばらくはこのまま使おう。

件のプラグインのダウンロード数は70万プラスとなっていたので、かなりの数のユーザーが元のエディターを使いたいらしいね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

最新版を使えと言うから・・・

某大手携帯電話キャリアの手続きを担当しているユーザーから機種変更手続きをするためにブラウザを入れて欲しいとの連絡が来た。
訊くとそのキャリアのビジネス系のサービスの契約をしていて、全体的(数百台)に機種変更をするにあたってキャリアからは指定されたurlにアクセスしてくれと言われたとか。
その際に使うブラウザも指定されていて、Windows上のFirefoxかMacOS上のSafariのそれぞれ”最新版”とのこと。
その人の使うPCに入っているブラウザはInternetExplolerとEdgeしか入っていないのでこちらにインストールの依頼が来たということだ。
まぁFirefoxの最新版を入れるのに特に問題は無いので部下がインストーラーを持って行ってインストール自体はすぐに完了。
ところが、実際にキャリア指定のurlにアクセスしたところ手続きが出来ない。
指定通りに最新版でアクセスしてるのに何故?と思ったが、キャリアに問い合わせて貰ったところ、現在の最新版(Quantum)では動作確認をしていないとのことだった。
#おいおい、一体いつの”最新版”なんだよ・・・
なので、以前のFirefoxのインストーラーを探し出して試してみようとしたが、インストールしてもすぐに最新版に自動更新されてしまうので、自動更新をしないように設定する必要があったりで面倒。
部下がSafariも試してみたが途中で動かなくなってしまったらしい。
そこでSafariと同じエンジンを使うChromeで試してみるように指示を出したところこれが正解だったようで、取り敢えず必要な手続きは出来たとのこと。
全国規模でサービスを提供していて企業ユーザーも沢山いる(筈の)キャリアがこんなことで大丈夫なの?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

印字が薄いって・・・

十日ほど前に現場からプリンタの印字が薄いという連絡を貰っていた。
使っているプリンタはCanonの「LBP-8610」で、このような場合の原因は殆どのケースでレーザーユニット内のミラー等の汚れ。
当方の手元に届いたプリンタのレーザーユニットを外してみたら思った通りミラーがかなり汚れている。
レーザーユニットを分解して清掃しても良いんだけど、時間がかかるので用意しておいた清掃済みのユニットと交換したところ印字がかなり濃くなった。
ここまで通常なら30分以内で作業は終わるんだけど、今回のは背面のカバーを外したところで内部にかなり埃が溜まっているのが判ったので内部の清掃もしたら1時間近くもかかってしまった。
なにせ、「あれ?このケーブルってこんなに太かった?こっちのギアのフランジもこんなに厚くない筈だよな?」と思ってしまうくらい埃(というかゴミ)が溜まっていた(汗)。
冷却ファン周辺なんて埃が溜まりすぎてフィルターになっていたほどで、埃を取ると細かい砂のような汚れが落ちてくるという・・・
ま、今回清掃したからしばらくは動いてくれるのではないかな?

この手の障害で業者に修理をお願いするとレーザーユニットを新品に交換されるので結構高くつく(パーツ代が税抜き14,320円+工賃等で税込み4万円オーバー)ので、なるべく自分でやってるんだけど以前メーカーのサービスの人には”やらないでくれ”と言われてしまった(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ようやく終わった、、、

先週購入して今週の頭にPCに接続したHDDへのデータの移行が今日の未明にようやく終わった・・・
細かいデータが多かったのと、当初旧ドライブを接続したのがUSB2.0ポート(外付けケースの仕様のため)で読み込みが遅かったのがこれだけ時間がかかった原因かと。
移行開始の翌日になってUSB3.0ポートに接続してやり直したら多少は速度が上がったので、USB3.0対応のケースを見つけて良かったよ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

DM送信代行業者?

仕事場のメールサーバーに来たメールは独自のルールで振り分けをしているが、捨てたメールの中に珍しく日本のドメインのアドレスから来ていたメールがあった。
内容はメール自体を捨てているので確認できないんだけど、短時間に結構集中的に届いていたらしい。
ちょっと気になったのでドメイン(one-mail.jp)をググって見たら、法人向けのダイレクトメール送信代行会社に行き当たった。
その会社のサイトには「弊社が独自に収集した30万件の法人企業のメールリストに、メールを一括で配信できるサービスです。」とある。
要は企業ユーザー相手に宣伝用メールの送信代行を行う会社ということらしい。
以前、このドメインからの迷惑メールが大量にあってそれ以降は受信を拒否しているので、ユーザーに届くことは無いんだけど、手前のサーバーまでは来るのでこちらのサーバーの負荷にはなっているんだよなぁ、、、
でも、このサービスって一つ間違ったらSPAM送信代行にもなりかねないよなぁ、受信側にとってはいきなりメールを送り付けられるんだからたまったもんじゃないよ。
RBLとかに登録された時の対策も考えてはあるのだろうな・・・というか、恒常的に大量のメールを送信していたら自動で登録されないのかな???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

EdMaxのトラブル

フリーのメーラー「EdMax Free」でメールの受信時に「フォルダへの書き込み、または添付ファイルの作成でエラーが発生しました。」というメッセージが出て途中で受信が終わってしまうとの連絡が来た。
とりあえずどのメールまで受信できているかを教えて貰って、そのメールまでをサーバから削除してみた。
それでも再発するのでPC側の問題かと考えてアタッチメントフォルダの中を削除してみたり(不要メールの削除&コンパクションはユーザーが既に実行済み)、アカウントを作り直してみたりしたが改善しない。
そこで再度エラーになるメールの送信者等を確認したところ、最初に連絡を貰った時と同じ送信者(SPAM)。
今度もそのメールまでをサーバ上で削除したところ、残りのメールの受信が出来た。
ということは、特定の送信者からのメールの受信でエラーが出ていたということになるが、特に添付ファイルがあるわけでもないし、HTMLメールでもないし・・・
取り敢えずは解決したものの、なんかスッキリしないなぁ・・・
ちなみに、その送信者からのメールはサーバーで弾く(DROP)ように設定したからユーザーのPCまで届くことは無くなった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「認証回数が上限」?

現場のPCの一台がマイクロソフトオフィスのエクセルやワードを使おうとすると認証手続きを要求するようになった。
もともとPCにプリインストールされてきた製品なので初期の認証を行えば後はそのまま使用可能で、再認証を要求されることは無い筈。

とにかく現場から直接マイクロソフトの認証サーバーへはアクセスできないので、部下が手元に引き取ってきて認証作業をしようとした。
ところが、どうやっても認証されない。
オンライン認証どころか、電話認証を試しても「認証回数が上限に達している」とのメッセージが流れるだけで認証出来ない。
最終的には電話でオペレーターにつなぎ、現象等を説明してテンポラリーの認証コード(のようなコード)を発行して貰い、それをPCに入力することで認証出来た。
原因に関しては詳しいことは教えて貰えず(おそらくはオペレーターの人も知らないのだろう)、単にコンピューターの認証システムのバグだろうとのことでたまにあることだそうだ。
これって、PCに詳しくない人が遭遇したらどうしようも無いんじゃないかな???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。