大谷が孤軍奮闘?

米メジャーリーグ(MLB)、ロスアンジェルスエンゼルスの大谷翔平選手が七日(日本時間)のレイズ戦に2番DHで先発出場。
初回の先頭打席は三振に倒れたが、三回二死二塁で打席に立つと初球の内寄り92マイルをフルスイング、打った瞬間に本塁打を確信したのか大谷は打球の行方を見定めるようにゆっくりと走り出した。
打球は右中間の深いところに飛び込む飛距離およそ130mの第10号2点本塁打となり、メジャートップタイに並んだ。
日本人の10号到達としては過去最速で、五月に到達するのは大谷が初(これまでは松井秀喜氏の6/4)、出場試合数、打席数は自己が持つ44試合目180打席目を大幅に更新する28試合目116打席目(他に投手のみでの出場が2試合)。
試合はゴスリンの適時打と大谷の本塁打でエンゼルスが三回に3点を先行したが、八回に大量7点を奪われ逆転負けで5連敗。
チームはシーズン当初は首位だったが現在は最下位に沈んでしまい、このままだと2004年にイチローが264安打のメジャー記録を作った時のマリナーズと同じになってしまうかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

すっかり晴れた

今日の札幌は朝方は雲が多めだったけど、昼にはすっかり無くなって綺麗な青空が広がった。
その後はまた雲が多くなってきたけど、青空は広がっていて良い天気。
大型連休が終わったと思ったら天気が回復したなぁ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日から試合再開

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは選手やコーチ・スタッフに新型コロナウィルスの感染者が発生したために5/2からチームとしての活動を停止し、5/2-5の4試合を延期していた。
その後5/5-6にかけての検査で陽性反応が出なかったので札幌市保健所から活動再開の許可を得、5/6からチームとしての活動を再開し、練習も非公開で開始したと公表した。
それに伴い本日(5/7)からの東北楽天ゴールデンイーグルスとの三連戦を予定通り札幌ドームで行うことも発表された。
現在リーグ首位の楽天相手にチーム状況は良くないがなんとか勝ち越してくれないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

さらに”時短”要請

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため札幌では飲食店に対し営業時間短縮の要請が出ている。
昨日(5/6)からはさらに短くすべく、酒類提供は19時までで営業時間は20時までの要請となった。
このところ陽性者数が増加傾向にあって札幌ではこれまでで最も多くなっているので、これで多少の抑止になれば良いんだけど、飲食店関係者にとっては死活問題だよなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

気温が上がるのが早い

今日の札幌は朝から気温が高く、10時には早くも20度を超えて21.7度を観測した。
これは昨日の同時刻より4度以上も高い気温。
その後も僅かに上がり21.9度となったが、10:10には21.5度まで下がった。
予想最高気温は23度なので、この後も上がるのだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

地震だった

昨夜遅くに自宅で揺れを感じたことを書いた。
後で調べてみるとやはり地震だったようで、気象庁によると浦河沖を震源とするマグニチュード4.1の弱い地震が発生していた。
札幌の東区でも震度1と発表されているので、自宅が揺れたのも納得できる。
それにしても思った通り弱い地震で良かったよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

薄曇り

今朝の札幌は昨日に比べて雲が多いが、暑い雲では無く青空も見えている。
気温は引き続き高く、朝の最低気温は平年より5度近く高い10.7度で六月初め並み。
予報では今日の昼間は晴れで日付が変わってから雲が多くなり明日の明け方には雨が降るがその後は回復して晴れる見込み。
予想最高気温は昨日並みに上がって六月下旬並みの23度ということなので、今日も暑くなりそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

揺れた?

0:15過ぎに自宅で弱い揺れを感じた。
先日の宮城県沖で発生した地震の時のように眩暈かとも思ったが、カーテンがかすかに揺れていたので地震ではないかと。
すぐにおさまったので大きな地震では無いと思うな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

暑かった

今日の札幌は気温が上がり、最高気温は昨日より8度以上も高い23.1度と今年最高となった。
これは六月末並みの気温で、予報では明日も晴れて気温も同じくらいと予想されている。
これは明日も”暑さ対策”が必要かも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が先発登板

米メジャーリーグ(MLB)、ロスアンジェルスエンゼルスの大谷翔平選手が六日のレイズ戦に先発登板した。
今回は投手専念ということで打席には立たない出場となった。
大谷は制球が安定しなかったものの六回途中まで7個の三振を奪い無失点の好投。
六回無死から2連続四球を出したところで降板、全84球中ストライクは47球しか無く、与えた四球は6個と多いが打たれた安打は僅かに1本。
MLBでは過去に5インニング以下で7三振以上6四球以上は過去に例が無いそうだが、大谷は今季だけで早くも2回目で記録を更新中だ。
試合は大谷が降板するまでは1-0でエンゼルスがリードしており大谷は2勝目の権利を持っていたが、七回に逆転され敗戦、残念ながら大谷の今季2勝目はおあずけとなってしまった。

←クリックしてくれると嬉しいです。