More from: 4車線化

道東道の3トンネル2023年度内着工が決まる

4車線化が決まっている北海道横断道路(道東道)の占冠IC-十勝清水IC間のトンネルの内、3トンネルの今年度中の着工が決まった。
先日NEXCO東日本北海道支社が発表した主要工事一覧に未着工の6トンネルの内の3トンネル(東占冠、ホロカトマム、狩勝第1)が明記されている。
工期は65-75ヶ月とされているので、開通するのは5-6年後と言うことになるなぁ。
また、中長期発注見通しには2024年度にもトンネル工事があるので、残る3トンネル(下トマム、滝の沢、狩勝第2)も来年度着工と思われる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

本当に掘るんだ・・・

NEXCO東日本が四月に公表した23年度以降の中長期的発注見通しによると、道東道の占冠IC-十勝清水IC間の4車線化に伴い、6か所のトンネルの工事に着工するとみられる。
占冠ICとトマムICの間には東占冠・ホロカトマム・下トマム・滝の沢の4トンネルが、トマムICと十勝清水ICの間には第1・第2狩勝トンネルと広内トンネルがあるが、広内トンネルに関しては既に着工しており、新規に着工するのは2つの狩勝トンネルとなる。
6つのトンネルは23年度と24年度に掘削し、25年度は舗装工事に着工となっているので、占冠ICと十勝清水ICの間が4車線化されるのもそう遠くは無さそう。
この区間は夏はともかく冬になるとペースの遅い車が多くなり、全体のペースが落ちるので4車線化に依るスムースな交通の実現が望まれる。

←クリックしてくれると嬉しいです。