More from: 盗塁

大谷が2度目の40本&20盗塁!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのアスレチックス戦に2番DHで先発出場。
この日も四球攻めに遭い、3打数無安打2三振2四球で2試合連続の無安打に終わったものの、それでも見せ場と記録は作ってくれた。
五回の第3打席はこの試合2個目の四球を選んで出塁、四番のグリチェクの打席の2球目にスタートを切った。
相手の二塁手と遊撃手がベースカバーに入ることを諦め、捕手も投げる構えを見せたが送球できず大谷が今季20個目の盗塁を決めた。
これで現在44本の本塁打を放っている大谷は2021年以来2度目となる40本塁打&20盗塁を達成。
先発投手としてシーズン10勝以上している選手としては初めての快挙となっている(2021年は9勝)。
この40-20を複数回達成した選手はA・ロッドことAlexander Rodriguez(MLB通算696本塁打、329盗塁)が4回で最多、Barry Bonds(シーズン及びMLB通算最多本塁打762本)とJosé Canseco(MLB史上初の40本&40盗塁達成)が3回で続き、Henry Aaron(MLB通算755本塁打)、Shawn Green、Ken Griffey Jr.、Jeffrey Bagwellの4選手が2度で、大谷はそれに並ぶ史上8人目となった。
大谷はあと一本の本塁打を打てば45本塁打となり、45-20はこれも2021年以来二度目となるが、こちらは過去にKen Griffey Jr.(1998-1999の2年連続)とAlexander Rodriguez(2005,2007の2度)の2人しかおらず、大谷が達成すると史上3人目となる。

また、大谷の四球はこれで今季91個となり、2位のJohn Paul Crawford(80個)との差を広げた。

なおエンゼルスは例によって6-10で敗れ最下位のアスレチックス相手に三連敗となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷がまたも”申告敬遠”される

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのジャイアンツ戦に2番DHで先発出場。
初回に先制の適時打を放ち、その後3打席は凡退したものの、1点差に迫られなんとか1点を追加して7-5となった八回の第5打席は二死三塁の追加点の好機。
ここで相手は申告敬遠を選択し大谷は一塁に歩いたが、ただ歩かされただけでは済まさないのが大谷、すかさず2試合連続で今季16個目となる二盗を決めた。
三塁走者がいる場面なので相手バッテリーも無理はしなかったのだろうが、そこを見逃さずに一つでも先の塁を盗りに行く辺りはさすがだな。
九回表は三者凡退でエンゼルスは連敗を7で止め今月初勝利を挙げた。

大谷はこの試合5打席4打数1安打1打点1得点1盗塁で打率は.308となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が史上最速で40本塁打&15盗塁

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのジャイアンツ戦2番DHで先発出場。
初回に安打で出塁すると二盗を決めた。
大谷の盗塁は今季15個目で既に40本を打っている本塁打と合わせてチーム115試合目での達成は過去最速の120試合目を更新してMLB史上最速となった。
これまでの記録は1998年のケン・グリフィーJr(冬至マリナーズ)、大谷は投手をしながらの記録更新なので、もう訳が判らないよ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が6試合連続安打!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのブレーブス戦に2番DHで先発出場。
奪三振が両リーグトップ199個の投手相手に対し第1打席と第2打席は空振りの三振に倒れ200奪三振を達成させたが、第3打席では遊撃左への痛烈な当たりを放った。
六回に先頭で打席に入った大谷の当たりに相手遊撃手が飛びついたものの、グラブに当てるのが精一杯で捕球出来ず強襲安打となった。
大谷はこれで6試合連続での安打、その後に今季13個目の盗塁を成功させたが得点には至らず。
試合は六回を終わって1-2でエンゼルスが1点のリードを許している。
残りのイニングで今季第40号の本塁打を打って欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が今季第4号!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地Yankee Stadiumでヤンキースとの試合に2番DHで先発出場中。
初回に7試合ぶりとなる今季第4号の2点本塁打を放った。
2打席目は三振に倒れたものの、4-2で迎えた五回は先頭打者で打撃妨害で出塁すると、一死後に今季初となる二盗を成功させ相手捕手の悪送球を誘って一気に三塁へ進んだ。
その後、レンドンの犠飛で生還しこの試合2得点目をあげている。
試合は六回までエンゼルスが5-2でリード中。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷は2試合ぶりの無安打でチームも惜敗

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのマーリンズ戦に3番DHで先発出場。
この日(現地時間7/5)が28回目の誕生日だった大谷は無安打に終わり、チームも1-2で惜敗し4連敗となった。

大谷は七回に無死一塁から投ゴロで一塁走者が二封される間に出塁し、次打者ウォードの打席の2球目に二盗を試み成功させた。
今季9個目で二桁盗塁に大手を掛け、ウォードの右飛で三塁まで進んだが本塁への生還はならず。

この試合では投手陣が相手打線をソロ本塁打2本による2点に抑えたが、打線が僅か3安打に封じられた。
最終回に一死一二塁から大谷が四球で歩いて満塁とし、ウォードの犠飛で1点を返すのが精一杯。
打線と投手陣の噛み合わせが悪いのはチーム状態が悪い証拠。

明日は大谷が先発登板の予定で、今度も連敗を止めて自身5連勝で今季8勝目を挙げることを期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷がまた記録を達成!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのレンジャーズ戦に1番DHで先発出場。
初回の第1打席では今季185個目の三振を喫し、これはエンゼルス史上最多記録となった。
三回の第2打席では二ゴロに倒れここまで快音は無し。
それでも六回の第3打席では強い当たりを一塁手の前に放つと、一塁まで快足を飛ばしてベースカバーに入る相手投手よりも先にベースに到達し内野安打とした。
この時は相手の一塁手が途中で投げるのを諦めたくらい明らかに大谷のほうが速かった。
さらに一死後には二盗を試み、余裕で成功させたうえ捕手の送球が少しそれている間に三塁に到達(記録は失策)。
これが今季25個目の盗塁となり、メジャー史上6人目の同一シーズンでの45本塁打&25盗塁(45-25)を達成。
加えてメイフィールドの中堅前への適時打で勝ち越しのホームを踏み、これが今季100得点目。
先の45-25に加え100得点はアメリカンリーグ初の快挙となった。
七回の第4打席では二ゴロに倒れたが、九回の第5打席では初速109マイル(約175Km)の痛烈な打球を一二塁間に飛ばし、二塁手が横っ飛びでグラブの先端に当てるも打球はそのままコースを変えずに右翼前に到達する安打となった。
大谷が一塁ベースに到達後に相手二塁手のアンディ・イバネスが何故かベンチに戻ったのだが、その理由はなんとグラブの交換。
大谷の打球が捕球しようとしたグラブのネット部分を突き破っていたらしい(汗)。
グラブって革製でそうそう壊れるものでも無い(というか簡単に壊れたら使い物にならない)んだけど、それを破壊するなんてどんな打球だったんだか・・・
この時、イバネスが守備位置に戻る際に大谷が彼の尻を軽く叩いて言葉を掛けていたように見えるから、軽く謝罪の言葉でもかけていたのかな?
この後も二盗を決めて今季の盗塁数を26個とした大谷、いったいこの試合だけでいくつの記録を作っていくつの話題を提供したんだ?(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

糸井も300盗塁を達成していた

プロ野球の現役選手で通算盗塁数が最も多いのはファイターズの西川選手。
今季に入って節目の300盗塁を達成し、昨日時点では305個で秋山幸二氏の303個を上回って歴代単独29位となっている。
昨年まで299個で現役二番手の糸井選手(阪神、元ファイターズ)も9/11の広島戦の八回表、無死一三塁の場面で今季初の二盗を決めて300盗塁を達成していた。
今年で40歳になったベテラン選手が通算18年目(初出場からだと15年目)のシーズンで節目の記録を達成したことに対して素直におめでとうございますと言いたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が今季23個目の盗塁

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのレンジャーズ戦に2番DHで先発出場。
今季23個目の盗塁を決めてリーグ3位タイ(MLB全体で6位)になった。

大谷は前の試合に続いての2試合連続の本塁打を期待されたが、残念ながら4打数無安打に終わった。
それでも4点ビハインドの八回の打席では四球で出塁し、二死後に二盗を決め今季の盗塁数を23個に伸ばした。
一死後にも試みたが、その時は打者が内野飛球を打ち上げて慌てて帰塁せざるを得なかった。
それでも次打者で再度試みて成功するなんて流石だねぇ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

西川が300盗塁を達成

プロ野球の北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手が昨日(8/27)の埼玉西武戦で現役最多となる通算300盗塁を達成した。
西川は4-2で迎えた八回に二盗を決め299盗塁で並んでいた糸井嘉男(阪神:元ファイターズ)を1個上回り現役選手単独トップとなった。
歴代最多は言うまでもなく福本豊氏(元阪急)で1065個ととてつもない記録があるけど、2位は大きく離れて596個。
300以上は西川を含めて30人しかおらず、400以上になると7人、500以上は僅か3人になる。
西川はまだ20代と若いのでまだまだ歴代上位を狙える。
ファイターズは今日も西武と対戦中で、西川にも盗塁のチャンスはありそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。