More from: 実写

実写版「ナウシカ」の予告が凄い!

ブラジルで撮影され製作が進められているという実写版「風の谷のナウシカ」の自主製作映画のトレーラーがyoutubeで公開されている。
製作者は宮崎駿氏をリスペクトして自費で製作しているとのことで、営利目的では無いので完成後の公開は無償で行うとのこと。
ジブリから正式に許諾された作品ではないが、ゆくゆくは「ジブリの森美術館」に撮影に使用した小道具等を寄付したいとのことだ。
このトレーラーの完成度も凄いので本編の公開が楽しみだな!

←クリックしてくれると嬉しいです。

これなら吹き替えの方が良いかも?

士郎正宗原作の「GHOST IN THE SHEL/攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の日本語版吹き替えをアニメ版(ARISEを除く)と同じキャストで行うと発表されている。
洋画を観るときは原語で観ること(聴くこと?)が殆どだけど、これは吹き替えの方が良いかもなぁ?
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]
B01N12EY85

←クリックしてくれると嬉しいです。

謝罪動画が話題に

小栗旬と菅田将暉が出演する映画「銀魂」(2017年7月公開予定)。
先だって連載している週刊少年ジャンプ絡みのイベントが行われ、その会場で監督他が実写化に関して謝罪したらしい。
それがまた随分と腰が低いらしくて・・・(笑)
加えて当日会場に来れなかった主役の内二人である前記の小栗旬と菅田将暉の謝罪動画も公開されている。
正直言って、最初に実写化と聞いた時には「えぇ~?ダメじゃん」と思ったけど、徐々に公開されてくるビジュアル等を見て段々と期待できるかな?と思うようになってきた。
さて、実際の出来はどうなんだろうな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「銀魂」が実写化?!

週刊少年ジャンプに連載中で、今年の春にアニメ第四期の放送が終了したコミック「銀魂」が実写化されると発表された。
今のところキャストで発表されているのは主役の坂田銀時役の小栗旬だけ。
監督が(原作が同じジャンプに連載されていた)「HK/変態仮面」を手がけた福田雄一監督。
うーむ、これは期待して良いのかどうか悩むところ(笑)。
原作者が「コケても良い、見てみたい」と言っているんだから、まぁ良いか(笑)。
どうせコケたら原作かアニメで自虐ネタにするんだろうしね(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「HK/変態仮面」第二弾上映決定!

「HK/変態仮面」が公開されヒットしたのが2013年の4月のこと。
この度第二作目の公開予定とビジュアルの一部が発表された。
二作目のタイトルは「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」となり、公開予定は5/17。
キャスティングの主だったところは第一作目と同じで、何と安田顕の名前もある(笑)。
そっかー、そのヤスケンの変態ぶりがまた見られるのかぁ(笑)。
これは楽しみだな!
ん?待てよ・・・ヤスケンの出番は回想シーンだけとかいうオチじゃないだろうなぁ、、、

まぁBD版も発売されることだしね(笑)
HK/変態仮面 アブノーマル・ブルーレイ [Blu-ray]
B01AA7747E

←クリックしてくれると嬉しいです。

「天才バカボン」が実写化ぁ?

日本テレビで赤塚不二夫作の漫画「天才バカボン」を実写ドラマ化したとか。
今までアニメ化されたことはあるけど、まさか実写ドラマになるとはねぇ、、、。
こういう実写化で気になるキャスティングを見ると、そこには”ゴーリキー”の名前やジャ○ーズ系の名前が無いので一安心。
放送は3月の予定だとのことなので、覚えていたら見てみようかな?
天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)
赤塚 不二夫
4812436168
天才バカボンBOX 8~14(7点7冊セット) (竹書房文庫)
赤塚 不二夫
4812436176

←クリックしてくれると嬉しいです。

「あの花」を実写化?

フ○テレビが人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を実写化してスペシャルドラマとして放送すると発表した。
おいおいまたかよ・・・
目を惹かれたのはせいぜいトッキュウ一号(志尊 淳)がキャスティングされていること程度かなぁ・・・

それでも原作があるわけでないアニメオリジナル作品なので、アニメとは全く別の作品と言う見方が出来れば良いのかも。

ま、これでまた秩父詣で(聖地巡礼)をする人が増えるんだろうけど、地方在住者には関係ないね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「パトレイバー」実写版を地上波で放送!?

今から30年近く前(たしか1987年だったと思う)の春に両国の公会堂で行われたイベントにてGAINAXの武田氏か岡田氏が「警察ロボットものの企画をしています」と発表し、その後コミックとアニメで実現した「機動警察パトレイバー」。
当時はアニメはLDとビデオで発売され、私も全巻LDで揃えた覚えが・・・
一昨年には初期のアニメ(OVA版)と劇場版アニメ2作の監督を務めた押井守総監督による実写版「THE NEXT GENERATION‐パトレイバー‐」プロジェクトが始動し、全十二話の短編を7回に分割する形で劇場公開された。
そして5/1からは長編劇場版の「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」が公開されることになっており、その直前に短編一二話を再編集した「シリーズ特別編」が放映されると発表された。
実写版は0話(作品説明的な話)だけで、劇場公開版は全く観ていないので「これ幸い」と思ったが、放送されるのは関東ローカルでのことだというのを知ってがっかりorz。
全国ネットで放送してくれないかなぁ、、、

両国のイベントではその後「トップをねらえ!」として世に出ることになった企画についても話が出ていた。
いわく「「TOP GUN」と「エースをねらえ!」を合わせたような話」ということで、タイトルはその二つを合わせたものになるというような話だったように記憶している。
その時は冗談かと思っていたが、その後正式に「トップをねらえ!」が発表になった際には驚いた(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

あの実写版「ルパン三世」が出足好調?

いろんな意味で話題になっている小栗某が主役の実写版「ルパン三世」の初日動員人数が好調らしい。
配給元の発表では同じ小栗某が主演して最終的に興行収入が30億円を超えた映画よりも初日の動員数が9%ほど多いという。
出足はさすがに人気俳優を起用した効果が出たというところか(俳優のファンは内容はどうあれ見に行くだろうから)。

問題は見た人の評判が広まって影響の出てくる今週以降の動員がどうなるかだな。
リピートする人っているんだろうか???

←クリックしてくれると嬉しいです。

「バクマン。」実写映画化

週刊少年ジャンプに連載され、NHK-Eでアニメが放映されていたマンガ「バクマン。」が今度は実写映画化されることが発表された。
キャストが豪華で主人公の真城最高役を佐藤健、彼とコンビを組むクラスメイトの高木秋人役を神木隆之介という若手実力派俳優が演じることになっている。
原作者である大場つぐみさんはコメントで
「集英社や「ジャンプ」に加え色んなあのマンガ、このマンガも実名でガンガン出てくるみたいです!楽しみです!私は観ます!」
と言っているし、漫画を描いた小畑健さんは映画内に出てくる原稿を描いたそう。
ちょっと観て見たくなったかも(汗)。

公開は2015年の予定。

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)
小畑 健
B008B39V44
バクマン。3rdシリーズ BD-BOX2 [Blu-ray]
下谷智之
B00DU45RWE

←クリックしてくれると嬉しいです。