ドラマ「南極大陸」

10/16からTBS系列で放送が始まる予定のドラマ「南極大陸」の内容がどんなものかと思った。
過去に角川書店から出版されていた「南極物語」のようなものかと思ったが、それだけでは新鮮味が無いだろうから、なにか別の物語じゃないかと考えた。
例えば、南極観測船として活躍することになった海上保安庁の巡視船「宗谷」を本格的な砕氷船としてして改造する行程を細かく描くとか(笑)。
でもこの話はNHKのプロジェクトXでも「運命の船・宗谷発進」として取り上げられているんだよなぁ。
なので、もっと細かい内容でドラマ化するのはどうかな?と
具体的には設計者がどのように改造するかの方針を考えるところから始めて、どの部位をどのように補強して砕氷能力を上げるかを考えるところを映像化するとか、実際の改造工事を再現して(必要なら実物大の「宗谷」のセットを組むとか背景はCGで合成するとかして)設計者や現場監督、職人さん達の苦闘を描く物語にするというのはどうだろうか?
で、僅かな期間で改造を終えた「宗谷」が南極に到着するところで最終回にすると。
主役はその設計技師か現場監督ということにして、木村拓哉はその人を演じるということにしたらどうだろうか?

単なるお涙頂戴の人間と犬の話にするよりはこっちのほうが面白いんじゃないかな?

という妄想をしてしまった(爆)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す