ついに3,000円割れとは

このところ値下がりの続いているDDR3のメモリだが、秋葉原の一部のショップ(パソコンハウス東映)では週末個数限定とはいえDDR3-1333の4GB2枚セットが2,980円とついに3,000円を割ったとのこと。
同商品は通常の価格でも3,350円だそうで、値下がりに歯止めが掛かっていないような状態だ。
1ドル=79円で製造原価を計算すると販売価格が製造原価を下回っているとの記事もあり、製造~販売のどこかで赤字を出している可能性もあり、この先もずっとこの状態が続くとは思えない。
販売の現場でも赤字すれすれだという声もあり、このままだと販売店も体力勝負になるかもしれない。

ここのところの値下がりを傾向を見ているとまだ底に達したようには思えないが、近いうちに反発して価格上昇に転じる可能性も否定できない。

まぁ、この辺のものは「欲しいときが買い時」ということもあるので、安いからと言って使う予定の無いメモリを買う必要も無いだろう。
とか言いながら自宅には使う予定のない4GBの2枚セットがあったりする(爆)。
いや、使おうと思えば空きソケットはあるから使えるんだけど・・・・・・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す