フェラーリ勢がフロントロー

自動車レースのF1GPのRound 7 Monaco Grand Prixの予選が日本時間の昨夜行われた。
Q3の途中のクラッシュで赤旗終了となったが、殆どのドライバーがそれまでにタイムを出していて、Ferrariの2台がフロントローを確保した。
前戦まで三連勝のMax Verstappenは4番手で、チームメイトのSergio Perezが3番手タイムで、Red Bullの2台はFerrari勢に続いて2列目からのスタートなる。
気になるのは3番グリッドのSergio Perezで、予選の赤旗終了の原因を作ったクラッシュでのマシンのダメージ。
スピンしてリアからバリアに突っ込んだのでPUや駆動系にダメージを受けている可能性があり、もしそうなら最悪ピットスタートとなるかもしれない。
そうなるとオーバーテイクの難しいこのコースでは上位に出るのは至難の業。
現在ポイントリーダーのVerstappenもチームメイトの援護を受けられなくなり厳しいレースになることが予想される。
マシンダメージがPU交換無しで修復可能な程度であれば良いな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す