SuperGTはまさかの展開!

自動車レースのSuperGTは最終第8戦が富士スピードウェイで行われ、500のチャンピオン争いでまさかの大逆転があった。

今季ここまでポイントリーダーの1号車STANLEY NSX-GTは2番グリッドからのスタート。
ここをホームコースとするGR Supra勢にパスされながらも終盤まで4番手を走行。
このままフィニッシュすればポイント2番手の8号車ARTA NSX-GTを上回りチャンピオン獲得となる状況。
しかもポイント3番手の17号車Astemo NSX-GTは序盤で12号車カルソニック IMPUL GT-Rと接触し足回りを損傷してリタイヤしていたので俄然有利の筈だった。
ところが51周目の1コーナー進入で抜いたはずのGT300の55号車ARTA NSX-GT3が止まり切れずに1号車のイン側に飛び込んできて1号車の右フロントと55号車の左リアがヒット。
これで足回りを損傷してしまった1号車は一周回ってきて緊急ピットイン。
修復してレースに復帰するも上位どころかポイント圏内からは完全に脱落し、昨年に続いての連覇を逃してしまった。
レースは序盤でトップに立った36号車au TOM’S GR Supraが逃げ切って優勝、16ポイント差をひっくり返してのチャンピオン獲得となった。

一方のGT300はポイントトップでポールポジションスタートとなった61号車SUBARU BRZが3位表彰台を獲得し、初の年間チャンピオンの座を獲得した。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す