ファイターズが逃げ切って連勝!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで六連勝中の首位千葉ロッテと対戦。
三回に西川の適時三塁打で先制した1点を守り切って1-0で勝ち連勝とした。

ファイターズ先発のバーヘイゲンが五回まで無安打、六回に初安打を打たれたものの後続を断ち無失点。
投球数が100球になったこともあってかこの回限りで降板したが、六回を被安打1、与四球1で奪った三振は毎回の11個と言う快投を見せた。
七回は堀が三人で抑えたが、その裏に一死満塁という絶好の好機で無得点に終わり嫌な予感が・・・
八回にマウンドに登ったBロドリゲスが四死球と安打で二死満塁の危機を作ったがなんとか抑え、最終回の杉浦も先頭打者を安打で出したものの後続を打ち取ってファイターズがなんとか逃げ切った。

バーヘイゲンが今季4勝目、今季50試合目の登板となった堀が33ホールド目、杉浦に20セーブ目が付いている。

それにしても栗山監督にとっては胃に悪い試合だっただろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す