大谷が今季3号で通算50本塁打に到達

アメリカメジャーリーグで活躍する大谷翔平が一昨日のブルージェイズ戦で2安打4打点の活躍。
2番指名打者で先発出場した大谷は初回の第1打席では空振りの三振を喫したが、二回にチームが1点を先制した直後の二死満塁の場面で迎えた第2打席では相手投手のカーブにタイミングを狂わされながらも右手1本で右中間フェンス直撃の二塁打を放った。
さらに五回には外より低めのシンカーを捉えると打球は左中間スタンドに飛び込む今季第3号のソロ本塁打となった。
この本塁打は大谷のMLB通算50号となり、出場74試合目(投手としての出場を含む)での50号本塁打は日本人最速のペース。
日本ハムファイターズ時代には48本を放っており、日米通算100号まで残り2本とした。
怪我等が無ければ今月中にも達成しそうだね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す