F1がついに開幕!

新型コロナウィルスの流行の影響で開幕が遅れていたF1GPが先週末ようやく開幕した。
HONDAのパワーユニットを搭載する2チームは出走4台中なんと3台までがリタイヤという厳しいシーズン初戦となってしまった。
RED BULLの2台はともに電気系のトラブル(アルボンはハミルトンをオーバーテイクしようとした際に接触されスピンした後にトラブルが発生)、AlphaTauriのクビアトはラスト1周になろうかというところでタイヤがパンクしてリタイア。
残ったピエール・ガスリー選手が7位でフィニッシュして6ポイントを獲得した。
ポイントを得たとはいえHONDAとしてはかなり厳しい結果となってしまったのは残念。
今週末も同じレッドブルリンクで第2戦が開催されるので、トラブルの対策を済ませて昨年に続いての勝利を得て欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す