RADEON HD6000シリーズの下位モデルがようやく出てきた

SapphireからAMD(旧ATI)のグラフィックチップ「RADEON HD 6000」シリーズの下位モデルにあたる、「RADEON HD 6670」「同 6570」「同 6450」を搭載したビデオカードが発売された。
同シリーズは今まで6700系以上の高性能モデルしか発売されておらず、今回ようやく下位モデルが出てきたことになる。
ハイエンドまでは要らないけどそこそこの物が欲しい人には朗報だろう。
価格も6450搭載製品の五千円台から6670搭載製品の1万円強と上位モデルに比べるとかなり安価で買いやすい。
また最下位モデルに当る6450搭載モデルの内、搭載メモリがDDR3の製品がファンレス構成になっているのも嬉しいかも。
私自身も今使っている「RADEON HD 4670(VRAM DDR3 512M)」から買い換えたくなってきた。

実際、ゲームをするわけでは無いから3D性能はそれほど要らないんだよなぁ、、、、、、(それならオンボードの785G内蔵でも可なのでは?)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す