T60が来た

ThinkPad T60の中古(というかジャンク品だけど)が安かったので、(ノーマッドの声で)「ついつい」買ってしまった。
買ったのはT60の中でも低スペックの1951-BJ2で、CPUはシングルコアのCore solo T1300、メモリは512M、HDDは40G、LCDは14インチのXGA、無線LAN無しといったスペック。
CPUは上位機種に載っているCore duo T2400あたりに交換することが可能なので、後々交換してみるつもり。
メモリは以前手に入れた起動しないSharp Mebius PC-VE50Tに載せてある2G(1G2枚)が使える筈なので、それを載せればMAXの2GBになることを期待して購入後すぐに載せてみたが、なんと起動しなくなってしまった。
載せたメモリを取り換えながら試してみると、Mebiusに載せてあった2枚のメモリのうち1枚が不良であることが判明した。
とりあえずメモリは元の512Mに戻しておき、後々大容量のモジュールに交換してみようと思っている。

とにかく私としては初めてのCoreアーキテクチャのCPUを載せたPCなので、このあといろいろいじるのが楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す