3TBのHDDが値下がりしている

昨年11月に発売になった3TBのHDDが今年に入って値下がりが続いている。
昨年暮れに一部のショップで2万円を切る価格で販売されていたが、今年に入ってからは平均でも2万円を下回るようになり、今週はついに最安値で1万5千円を割り込むまでになっている。
1TB単価が5千円を割り込んだことになり、現在容量単価が一番安い2TBモデルには敵わないが、それ以外のモデルに近づいてきていることになる。
今のところGPT対応OSでなければ全容量を使うことは出来ないが、逆に言うとGPT対応OSであれば3TBという広大な領域を使えるわけで、私のようにSATAポートが足りなくなってきているような場合は入れ替えることで容量不足を解消できるということになる。

PC関連のものは値下がりするのが当たり前のようになっているが、この3TBのHDDも例に漏れず価格が低下してきているので、もう少し経てば容量単価が2TB品を下回るようになるかも?
もしそうなれば入れ替えをしようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す