今年も事故が・・・

今日、帯広から札幌まで帰って来る道中は概ねスムースだったんだけど、途中の栗山トンネル手前で前の車が皆ブレーキをかけているので”なにかあったな!”と思ってこちらも減速してトンネルに入ったら、入ってすぐのところの壁際の雪に軽自動車(スズキの”アルトラパン”)が1台突っ込んでいて、中央分離帯から反対車線にかけては横転した車(車種不明:だってお腹しか見えないんだもの)が車線を塞いでいた。
こちら側の車線(上り車線)は乗用車なら通れたのでゆっくりと現場を通過したが、ありゃ反対側は通行止めになるよなぁ・・・
その後、反対車線をネクスコ東日本のパトロールカーがサイレンを鳴らして現場方面に走って行き、そのかなり後ろ(千歳東ICよりも札幌寄り)でサイレンを鳴らして現場方面に走って行く警察のパトカーとすれ違った。
事故現場から札幌方向のICは閉鎖されておらず反対車線の車も多かったから通報が遅れていたのかな?
現場を通った時に男性一人が横転した車のところで中に向かってなにやら話し掛けていたように見えたので既に処理を始めていると思ったが、思いのほか通報が遅くなったのかな?

そういやかなり前に層雲峡の先の国道39号線で車が燃えていた時も車の周囲にいた人は誰も消防に通報していなかったなぁ、、、
その時は一番後に現場に立ち寄った私が電波が届く人里迄下って消防に通報したわけで、通報してすぐに現場に戻ったら既に車は後部座席の部分が派手に燃えていて、消防車が来た時には手遅れ。
火は消して貰えたけど車は燃えカスになってしまっていた。
最初に見つけた人がすぐに通用していればまだマシだったかもしれないのに、、、
見ていた人は10人以上いたと思うんだけど、殆どが何もせず(カメラで撮影している人はいた)黙って見ているだけ。
今回は私もなにもしなかったから他人のことは言えないかもしれないけどね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す