時計が進まなくなるサーバ

以前から時々時計が止まってしまい、それにともなっていろんなサービスが止まってしまうサーバがあるが、ここ三日間で三度のリブートをする羽目になった。
流石にこのままでは年末年始の休み期間中が不安なので、再度調べてみた。
稼動させているハードウェアがIBMのThinkCentreだということを思い出し、それでググってみた。
というのも過去にThinkPadにLinuxを入れたところ多少のトラブルがあったことを思い出したから。
そうしたところ、数は少ないながらも似たような事象が報告されているのを発見。
複数のサイトで見つけた対処法はapicの無効化というもの。
なので、/boot/grub/grub.conf内の
kernel /vmlinuz/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx の行の最後に”noapic acpi=off”の記述を追加してみた。
リブートしないと結果は判らないが、流石にサービスに支障がない状態で停めるわけにもいかず、明日の早朝に再起動し、その後経過を見ることにした。
これで解決してくれると助かるけどなぁ・・・・・・・・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

コメントを残す