1セクタ4KBなのに、XPでそのまま使えるHDD発売

SEAGATEから1セクタ当りの容量が4KBのAFTを採用しながらも、特別なユーティリティを使わずにWindows XPで使える3.5インチHDDが発売になった。
以前からもAFT(Advanced Format Technology)を採用したHDDは販売されてるが、Windows XPで利用する場合はユーティリティソフトをインストール必要があった(もしくは本来のパフォーマンスが出ないことを我慢するか)。
今回発売されたSeagateの「ST2000DL003」は、パフォーマンス低下の原因となるXP使用時のミスアラインをリアルタイムに解消する新技術「SmartAlign」を採用しており、これにより本来AFTに対応していないWindows XPでの使用時にもパフォーマンスの低下は無いとしている。
#ユーティリティソフトで行っていた処理をHDD側で行うようなものか?
実売価格が11,000円程度と3.5インチで容量が2TBのHDDとしては少々高めだが、ユーティリティ無しで利用できるので、XPユーザーにはありがたい存在となるのでは?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す