高度851mから見た「リュウグウ」

JAXAが運用する小惑星探査衛星「はやぶさ2」が日本時間の今朝方「リュウグウ」の表面を撮影して送ってきた。
JAXAのサイト「http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180807/index.html」で公開されている画像を見ると、数十メートル規模の岩がゴロゴロしている様子が見て取れる。
このどこかが着陸地点として選ばれるんだろうけど、どこに降りるにしても大変そうだな。

それにしてもこれほどの写真を撮影後数時間で送って来れるというのも凄いなぁ!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す