今日は火星の大接近の日

地球のすぐ(でもないか)外側を公転する惑星が火星。
その火星はおよそ2年2カ月に一回地球に接近するが、お互いの軌道が楕円形のために接近する際の距離は毎回異なる。
今年はおよそ5759万キロメートルまで接近する「大接近」で、これは15年ぶりのこと。
6月頃から深夜の南の空の低いところに赤く光る火星が見られるようになっているので、望遠鏡が欲しいところだよなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す