Windows7からWindows10にアップグレードしたPCにWindows10をクリーンインストール

職場のトップが自分で使うPCを入れ替えた(と連絡があった)。
それでそれまで使っていたPCの中身を綺麗にしろとのお達し。
元々入っていたOSがWindows7Proなので、リカバリーしてそれに戻すなら簡単なんだけど、Windows10Proに無償アップグレードしてあって、それにしろとのこと。
たしか一度無償アップグレードしたPCなら再度Windows10をインストールすることが可能だと記憶していたので、やってみることに(実はやったことが無い)。
リカバリーしてWindows7からアップグレードするのは面倒なので、HDDを初期化したうえでWindows10をクリーンインストールできないかと調べてみたら可能らしい。
インストールに使うのはアップグレード時に使用したUSBメモリで良いらしく、念のためにMicrosoftのサイトから最新版をダウンロードしてUSBメモリを作成。
PCを設置してある場所に行って(持ち出しを禁じられていたため)既に起動してあったPCにUSBメモリを取り付け、中にあるsetup.exeを起動するとアップグレード用の画面が出てきて、変だな?と思いつつ作業を進めてもHDDのパーティション操作画面が出て来なかった。
HDDの中を見ると旧WindowsフォルダがWindows.oldにリネームされて残っていたので、やはり単なるアップグレードになってしまったようだ。
これだと前ユーザーのファイルが残っている可能性があるし、そもそも最初の指示(綺麗にしろ)に従っていない(汗)。
そこで一度PCを再起動し、USBメモリからブートするとネットで調べた時に出て来たような画面が表示され、指示に従って操作をするとインストールするパーティションを選択する画面が出て来た。
その画面で旧Cドライブのパーティションを削除してから新しいパーティションを作成し、さらにフォーマットしてからインストールパーティションに指定してインストールすることでクリーンインストールが出来た。
途中でWindows10のプロダクトキーを入力する画面が出るが、そこでは「プロダクトキーはありません」を選択。
それでもインストール終了後にオンラインで認証を行うと問題無く完了。

さらにインストール終了後にアップデートをしようとコントロールパネルを出そうとしてスタートメニューを出すとなにやら雰囲気が違う。
なんと最初からCreatorsUpdateが適用されていた・・・
おかげでUpdateの個数が少なく僅か4つで済んだのはありがたかったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す