スバルが「FORESTER」を改良し発表

スバルが同社のSUV「FORESTER(フォレスター)」の改良を発表した。
発売は4/3の予定。

今回の改良でベースグレードに近い「2.0i EyeSight」を追加。
グレード名が示す通り、自動ブレーキのEyeSight Ver.3を標準で搭載したモデル。
これにより「EyeSight」非搭載グレードは唯一6速MTを搭載する「2.0i-L」のみ。
また、今回搭載される「EyeSight」は「アクティブレーンキープ機能」の作動速度の下限がこれまでの65Km/hから60Km/hに引き下げられているのが特徴。
これにより高速道路及び一部の自動車専用道のみでなく、法定最高速度が60Km/hの一般国道でも「アクティブレーンキープ機能」が作動することになり、安全性が向上したと言える。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す