日本が辛勝!

WBC2017の予選2次ラウンド、日本対オランダの試合は6-6の同点で延長戦に突入。
十回は両チームとも無得点で十一回からはタイブレーク(無死一二塁から攻撃を始める)となり、日本は中田の2点適時打で8-6と勝ち越し、その裏のオランダの攻撃を十回から登板の牧田が抑え、最後の打者を捕邪飛に打ち取り試合終了。
終わったのはもう少しで日付が変わるという深夜で、球場(東京ドーム)で見ていた観客は帰るのも大変なんじゃないだろうか?
とにかく日本がなんとか勝ってくれて良かったよ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す