「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第四十六話

前々から薄々とは出てきていたけど、前回でかなりあからさまになったシノとヤマギの関係。
シノの退場で遂に明らかになってしまった(笑)
やっぱりカップリングはシノ×ヤマギなんだろう・・・もしかしてヤマギXシノかも・・・いや、それは無いか?
今回の一番の注目点はここだったかと(笑)。

複数のメンバーの死でオルガが迷いを見せている時にヤマギから鋭い一言があったのと、片手を失って生き残ったことを悔やんでいるデルマに対し昭弘が「生き残ってくれてありがとう」と話すのが一番心を打たれたところかな。

全ての地位と権限を剥奪されて身動き取れなくなったマッキーには打つ手は残っているのか?
鉄華団はオルガの下でどう動いていくのか?
ラストに向けてどんどん話が動いていて目が離せないね!

そうそう、ちょっとだけ出てきて「変わった?」と言われたアトラだけど、ミカとナニかあったのかな?(笑)

「夏待ち」のラストでやらかしてくれた長井監督のことだから、なにかしら隠し玉がありそうで怖いね(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す