Canonが「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」を正式発表

キヤノンがCP+を前に噂になっていた新型のデジタル一眼レフカメラ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」を正式に発表した。
発売は2017年4月上旬とされている。

今回発表された二機種はスペック的に殆ど同等で、違いは
・肩部液晶の有無
・サブ電子ダイアルの有無
くらい?(細かいスペックでは相違点がもう少しある)
外形サイズも同じで質量が「EOS 9000D」が8g多いだけでほぼ同じ。
両機種ともAFが強化され、ファインダー時は45点オールクロスセンサー(上位機種の「EOS 80D」と同じ、ただしAFマイクロアジャストメント機能は無し)、ライブヴュー時及び動画撮影時はエントリー機で初となるデュアルピクセル CMOS AF方式を採用。
ここまでくるともうエントリー機じゃ無いような(汗)。
エントリー機っぽいのはファインダーがペンタダハミラーで、視野率が95%、倍率が0.82倍となっており、この辺りが「EOS 80D」との差別化になっているのかな?

実売価格は「EOS 9000D」が104,490円程度から、「EOS Kiss X9i」が94,770円程度からと1万円ほど「EOS Kiss X9i」のほうが安くなっている。
安いと言っても10万円を僅かに割る程度なので、Kissとしては高い値付けだなぁ・・・
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D ボディ 2420万画素 DIGIC7搭載 EOS9000D
B06XMR25MP
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ボディ 2420万画素 DIGIC7搭載 EOSKISSX9I
B06X922GBM

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す