NIKONが来年「D760」を発表?

ニコンが2017年に「D700」後継にあたるフルサイズ(FXフォーマット)機を出すかもしれないとの噂だ。
2008年に発売されたFX機の「D700」はモデルチェンジして「D800」になり現在の「D810」に続いている。
現在は「D750」という機種が出ているが、これは廉価版FX機の「D610」と「D810」の中間にあたる新シリーズで「D700」後継とは言い難い。
連写性能も落ちているので私の周りで「D700」を使っているユーザーは「D750」への乗り換えには消極的。
今回噂になってきたのは同社のフラッグシップモデルである「D5」と同じ20.3Mピクセルのセンサーを用いるが、耐久性その他を落としたモデル。
これが本当だとすると、36.3Mピクセルの「D810」どころか24.3Mピクセルの「D750」「D610」よりも画素数が少ないことになるが、連写性能を上げてくるものと思われる。
ニコンはこれで「D700」ユーザーに対して乗り換えを促す形になるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す