ファイターズ、初戦に勝利!

今日から始まったプロ野球のクライマックスシリーズファイナルステージ。
パシフィックリーグは北海道日本ハムファイターズが札幌ドームに福岡ソフトバンクを迎えての対戦となった。
初戦の今日はファイターズ大谷、ソフトバンク武田の両先発で始まり、五回に一気に安打を集中したファイターズが6-0で勝利した。
この回は先頭のレアードと続く大谷が安打で出塁し、大野の犠打を投手の武田がファンブルし無死満塁の好機となった。
ここで今季終盤から好調の西川が適時打を放ち2点を先制、中島卓がきっちり犠打を決めて一死二三塁とすると、三番の近藤も適時打を放ち2点を追加。
ファイターズの攻撃はここでとどまらず、主砲の中田がダメ押しの2点本塁打を放ちこの回一気に6点をあげた。
守っては先発の大谷が七回まで許した安打は内川の二塁打だけで、他には四球の走者を二人出しただけの好投。
八回は谷元が三者凡退に抑え、九回は復活したマーティンが三者三振に切って取って試合終了。
大事な初戦を計算通りに大谷でものにした意味は大きい。
明日の第二戦の先発は今季終盤最も安定していた増井なので、この調子で連勝して王手と行こうか!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す