ファイターズ、楽天に圧勝で2連勝!

昨日の東北楽天対北海道日本ハムファイターズの第十回戦はファイターズが4本の本塁打等で12-3で圧勝した。
この試合先制したのはファイターズで、1回表に中田の7号2点本塁打で2点を先行。
続く2回表にはレアードの2試合連発となる16号本塁打で1点を追加すると、一死一三塁から中島卓也のスクイズで1点を追加し、さらに二死一二塁から中田の二打席連続の8号三点本塁打でこの回一気に5点を追加し7-0とした。
ファイターズ先発の大谷は初回二回と楽天打線を無安打に抑えたが、三回は先頭打者に二塁打を打たれ続く打者にも適時打を打たれ1点を失った。
それでもその後の打者を打ち取りこの回は1点で抑えた。
ファイターズ打線は5回にその大谷が先頭打者として安打で出塁すると、続くレアードがこの試合2本目の17号二点本塁打で2点を追加。
レアードはこれで5月に入って12本目の本塁打となり、球団の5月の月間最多本塁打記録を更新した(球団の月間最多本塁打は1980年9月ソレイタの13本、5月の記録は過去三人が記録している11本)。
さらに続く6回には四球の陽、安打の大谷を塁に置いてレアードと大野が連続適時打を放ち2点を追加し、11-1と10点をリード。
7回には二死一二塁から大谷が適時二塁打を放ち1点を追加、大谷はこの二塁打で三安打の猛打賞、投げてはその裏の7回も四球で走者を出すも最後の打者を161Km/hの速球で空振り三振に切って取り無失点に抑えこの回限りでマウンドを後続に譲った。
大谷は結局7回を4安打2四球6奪三振の1失点で投げ切り、防御率も3を切って2.84に上がった。

11点リードで後を受けたのは斎藤祐樹で8回は先頭打者に安打を打たれるも後続を打ち取ったが、9回裏に一死一三塁とされたところで降板。
替わった井口が適時打を打たれて2点を失うも大勢に影響は無く、12-3でファイターズが圧勝。
大谷が先週に続いて勝利投手となり2連勝で今シーズンの3勝目を挙げた。
今週からは交流戦に入るが、この調子で交流戦も勝ち進んで貰いたいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す