ほうれん草とベーコンは相性が悪い?

TVの番組で「ほうれん草とベーコンは相性が悪い」というのをやっていた。
この組み合わせで炒め物を作ると美味しいんだけど、実はこの組み合わせは栄養学的に相性が良く無いとのこと。
というのはほうれん草にはカルシウムや鉄分が多く含まれているが、ベーコンと一緒に食べるとベーコンに含まれるリン酸がカルシウムや鉄分の吸収を阻害するため。
折角の栄養分が吸収されないのは確かに勿体無い。
じゃぁ、食べて美味しいこの組み合わせの料理は諦めなくてはならないのか?というとそういうことは無く、一緒に炒める前にベーコンを一度茹でておくとリン酸がお湯に溶け出すので吸収を妨げることが無くなるとのこと。
つまり炒める前にベーコンを軽く茹でておけばほうれん草と一緒に調理しても大丈夫。
やっぱり鉄分は大事だからねぇ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す