これは流石に・・・

今週の「グルナイ」にTOKIOの城島リーダーが出ていた。
番組の企画で北海道でバードウォッチングに挑戦していたが、その際に持たされたカメラ・・・というかレンズが凄かった。
そのレンズはCANONの「EF600mm F4L IS II USM」と思われ、それを「EOS 7D」のボディに付けてリーダーに持たせていた。
いや、いきなりこんな大砲持たせてもまともに撮れないでしょ、と思っていたら案の定、手ブレとピンボケの連続。
そりゃそうだよなぁ、600mmと言ってもAPS-Cの7Dに付けたら35mm換算で960mm相当の超望遠になるのを手持ちで、というのはちょっと無理あるよな(汗)。
それと番組内でこのレンズの価格を約160万円と紹介していたけど、標準状態では147万9600円(フード、ケース付き税込み)。
オプションのケースが61,560円、フードが75,600円なのでこれらを加えると160万円を越すけど、そんな買い方するのかなぁ?
Canon 単焦点超望遠レンズ EF600mm F4L IS II USM フルサイズ対応
B004MKNBTQ

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す