やはり融けて来ていた

昨日は最高気温がプラスの4.5度まで上がった。
しかも夜になってもプラスの気温が続き、氷点近くまで気温が下がったのは深夜になってから。

すすきの会場で行われている「すすきのアイスワールド」の氷像もこの気温で融けてきていると思われたので昨夜ちょっと会場に寄ってみた。
会場に着いてみると案の定氷像の殆どがなんらかのダメージを受けていた。
まずほぼ全ての氷像で氷が不透明になり、中には一部が欠損しているものも。
下の2枚の写真は同じ氷像で上が初日の夜、下が昨夜(2/9)撮影したもの。

2/5夜に撮影した氷像

2/5夜に撮影した氷像


2/9夜に撮影した氷像

2/9夜に撮影した氷像


全体的に氷が不透明になっているのが判る。
右上の赤い四角の中は氷像の氷の継ぎ目の一部を拡大したもので、2/9のほうは継ぎ目が融けて隙間が出来ている。
さらに赤マルの部分は左手首だったんだけど融けて落ちてしまったらしく残っていなかったし、右手の指も融けて短くなっている。

上の写真の氷像だけがこうなっているわけではないが、それでも昨夜の時点では取り壊されてしまった物は見受けられなかったのでまだマシな方かも。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

コメントを残す