Core M搭載で4K出力可能な小型ベアボーン発売

ECSから小型PC「LIVA Core 4G」が発売になった。
搭載されるCPUは「Core M-5Y10c」(Skylake)で、通常時800Mhz・ターボ時2.0Ghz動作、TDP4.5Wの省電力CPU。
内蔵GPUは「インテルHD Graphics 5300」で、ベンチ結果を見る限り3Dゲームにはあまり向かないみたいだが、2Dメインの使用であれば特に支障は無さそう。
この低TDPプロセッサーを搭載することでファンレス構造を実現しており、内蔵ストレージもM2 2242/2280のSSDなので”無音”PCを作ることが出来る。
今までもこのような無音PCはあったけど、この製品はHDMIポートを二つ備えていてデュアルディスプレイ出力が可能なのと、タイトルにも書いたように3,840×2,160の所謂4K出力も可能な点が新しい。
価格は5万円台半ばと少々高いけど、小型静音PCで大画面出力を楽しみたい人には良さそうだ。
Elitegroup Computer Systems LIVA PC Windowsベース Core M搭載の高性能小型ベアボーンPC ECS LIVA Core 4G
B016B6BBR2

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す