え?「小幌駅」も廃止?

鉄道ネタが続くけど、JR北海道は日本一の秘境駅と言われているJR室蘭線の「小幌(こぼろ)駅」を10月で廃止する方針とのこと。
地元である豊浦町に廃止の意向を伝えたとのこと。

この「小幌駅」は一日に停車する列車が僅か8本(上り5本、下り3本)と、道内一本数が少ないわけでは無いが、乗降客はほぼ”ゼロ”。
それもその筈、駅の周囲は森になっていて近くに民家は皆無。
しかも国道と海岸の間に存在するがどちらに行くにもまともな道路が無い(獣道程度)。
じゃぁ、何故そんなところに駅があるかと言うと、昔は集落や海水浴場があったためで、その集落も1970年代半ばには消滅してしまったとのこと。

私もこの駅で停車した列車に乗ったことがあり、その時撮った写真が下。
DSCF0984DSCF0987

客観的に見ると廃止されても実質的に影響が出ることは無いと思われるが、この「日本一の秘境駅」と言う点で観光資源として考えていた地元豊浦町は存続を求めていくとのこと。
だったら駅の存続に必要な経費を町で持つとかするとか提案していないのかな?
カネも出さずに残せと言うのはちょっと虫が良すぎやしないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す