今年(2015)のRSR その28

アーステントで20年ぶり再結成の「REBECCA」(実際には二人だけの編成)を観た後はレッドスターフィールドでの「FRIDAY NIGHT SESSION」を観に行った。
と、その前に一度テントに戻って自宅に持ち帰る荷物をまとめて、それからレッドに向かって歩いて行った。
テントに立ち寄ったために開始時刻を大きく過ぎてから観ることになり、到着したら「ハナレグミ」から「福原美穂」にバトンタッチするところだった。
ということでその時点では谷川正憲(from UNCHAIN)とROY(from THE BAWDIES)の出番は終わっていた。
実際には「ハナレグミ」の歌も殆ど聴く事が出来ず、「福原美穂」から聴いたことになったし、出る順番を知らなかったので私たちの目当ての「レキシ」と「つのだ☆ひろ」を観ることが出来るか不安だった。
「福原美穂」の歌が終わって(白い服を着た)司会が次に紹介したのが「レキシ」だったので一安心。
池ちゃんはさすがにすぐに歌に入るわけが無く、トークが15分にも及び(本当はこれでも短い)、我々を楽しませてくれた(笑)。
司会がトークだけで終わりにしたかったのか時折「ありがとうございましたー!」とツッコミを入れていたが、さすがにトークだけでは終わらせられないのか歌も歌っていた。
歌ってくれたのは「September」で、最初はちゃんとした歌詞で歌い始めたが、途中で歌詞が判らなくなったのか「ラララー」で誤魔化し始め観客は爆笑。
さらにいつものように途中で歌を(しかも持ち歌に)変えてしまうという(笑)。
本人いわく「コード進行が同じだから」だそうだけど、自分の曲を作る時に参考にしたのかな?
この歌が終わった時には既に終了予定時刻を少しオーバーしていた(だから「イベントで押したら俺のせいにされるんだよな(池ちゃん談)」というのは正しいと思う)。
ここで終わりかと思ったらこれまでのゲストヴォーカルが全員登場し、最後は西条秀樹の「ヤングマン」を交代で歌ってくれた。
ここでも池ちゃんは「ヤングマン」を「走れ正直者」に変えてしまったけど、ちょっと無理があったと言う(笑)。
※「ヤングマン」の歌詞にある”Y.M.C.A”について司会に訊かれた池ちゃんは、「流鏑馬、メソポタミア、シースー、アーカンソー」の略だと答えていた。
全員での「ヤングマン」が終わったところでステージも終了・・・あれ?「つのだ☆ひろ」は?
と思ったら白い服を着た司会者が「一旦引っ込みます!」と言った、つまりまた出て来るつもりということだ。
そのまま少し待っていたらスペシャルゲストの「つのだ☆ひろ」が登場。
観客を巻き込んでの歌の披露をしてくれ、最後は「メリージェーン」で締めてくれてお開きとなった。

途中からだったけど楽しいステージだったなぁ、またやってくれないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す